「その人なりに」と「暮らし続ける」

本人の価値観やこだわりを尊重し、可能な限りその人らしいの地域生活、人生を歩んでいけるよう、共に考え、共に行動する伴走者でありたいと思っています。

長期入院から地域へ戻るためのサポートもおこない、病院ではなく地域でその人なりに暮らし続けることをを目指しています。